特徴
  • TOP
  • 「心あたたまる木の家」にこだわる理由
「心あたたまる木の家」にこだわる理由

「心あたたまる」にこだわる

皆さんは、木でできたものをみたとき、「ほっ」としたり、心が静かになったりしたことはありませんか?
私たち日本人にはそのような感性がうまれつき備わっています。 その自然にある感性を建築の分野で、そして、日本の文化として極めているものが、伝統建築です。そのデザインには、派手さはありません。そのかわり、優しく人を迎えいれ、そして、癒してくれるようなあたたかさがあります。 田口建築が目指す「心あたたまる家」はまさに、そのような家です。

伝統の建築とは

伝統建築とは、長い歴史の中で多くの先人達の手によって進化し、守り伝えられた貴重な技術のことです。 特長の一つとして、「手刻み」があります。「手刻み」とは、職人が大工道具を駆使して梁(はり)や柱を加工して木を互いに組み合わせる昔ながらの伝統技法です。手刻みの利点として、「構造材の継ぎ手」があります。継ぎ手には様々な方法があり、その継ぎ手の種類によって災害時の木材の抜け等を防ぐ事ができます。300年もの間、幾度も災害に遭いながら完全崩壊を免れた神社が数多くあるのかは、この継ぎ手が大きなポイントになっています。(下図は継ぎ手の紹介です(一部))

木造建築イメージ木造建築イメージ木造建築イメージ

田口建築では、日本古来より伝わる伝統建築を中心に、快適で安全な心あたたまる住まいをご提案致します。日常感じる自然の美を、住宅に取り入れた伝統建築。日本人の独創性、創造性の素晴らしさをぜひ感じてみてください。

木造建築イメージ木造建築イメージ木造建築イメージ


「木の家」にこだわる理由

施工例写真 日本の高温多湿な気候に最もあっている材料が「木」です。 木は軽くて丈夫、加工しやすいといった優れた建築材料です。 しかも、木をはじめとする自然素材は体によい働きをしてくれて、私たちに「安らぎ」を与えてくれます。 また、木は種類や育った環境によって、それぞれ特性も変わってきます。 私たち日本人は、長い年月のなかでそのような木を上手に使う知恵を積み重ねてきました。 木の特性を活かした使いかたをすることで、木は本当の力を発揮します。 私たち田口建築は、木は本当の力を発揮させる家造りをすると同時に、心があたたまる家づくりを目指しています。


田口建築独自のこだわり

施工例写真 私たち田口建築では、木材を加工する時に、機械だけではなく人の手を使って加工するように心がけています。その理由は、職人が自分たちの技・技術を十分に発揮できる場所を与えると同時に、これから施工する住宅に対して、職人としての誇りと愛情をもって施工したいからです。 そうすることで、さらにレベルの高い住まいを提供できると考えております。